Tamecco吉野家での使い方~吉野家でTamecco使ってみました。

吉野家の優待を消化すべく、毎週使用していたらTameccoのスタンプが10個たまっていたので、先日使用してみました。

牛丼以外でも使えますが、とりあえずただになる牛丼並(380円)を注文してみました。

380円引きで支払額は0円です。

どのタイミングでどの画面を出せばよいのか初めてスタンプがたまり使う場面だったので、Tameccoアプリのスタンプの使い方・提示方法をまとめました。

スポンサーリンク

Tameccoアプリのスタンプの使い方・提示方法

牛丼並を注文し、おいしくいただく→会計時にTameccoの「引き換えボタン」を押すと5分間画面に3桁の番号が表示される(不安だったら目の前で引き換えボタンを押すといいでしょう)

→その番号を店員さんがみてレジに入力という流れでした。

(お気に入りフォルダに吉野家のスタンプカードを入れておくとお気に入り→カードアイコンを押すだけでクーポン画面に行けるので便利です)

もたつくこともなく、スムーズに会計が進みました。

なお、Tameccoのスタンプは一定時間(5分~10分程度)店舗にいるとスタンプがつきます。

1枚のスタンプカードがたまっても、次にいくと2枚目のカードにきちんとたまるので安心です。又、吉野家のいつもと別の店舗にいってもブランドごとに管理されていますので、同じスタンプカードにスタンプがたまるので、無駄がありません。

なお、店舗に入らなくても店舗の前で10分ほど時間をつぶしていれば、スタンプがつくという噂もありますが、時給で考えると38×6=228円程度であり、もっと有意義な時間の使い方があるのではと思います。

時間は有限なので、なるべく手間をかけず、めんどくさくない範囲内で節約していきたいと思います。

ちなみに位置情報が取得できずにスタンプが押されないということが何回かありました。

そこは結構簡単にアプリ内からサポートというメニュー内のトラブル対応(メールor電話)でサポートに問い合わせることができ、1回だけメールで問い合わせてみました。

レシートがあれば添付するように指示がありますが、面倒だったので特に添付せずにどこの店で取得失敗したのか、何時ごろ店を出たのかを記載すれば翌日無事スタンプが付与されました。Tameccoは手間がかからないのが売りだと思っており、割に合わないので、もう問い合わせはしないとは思いますが、良心的な対応だったと思います。

追記

Tameccoのサービス終了の案内がありました。

吉野家やはなまるうどんで利用している来店するだけで自動でスタンプがたまり割引を受けられるTameccoのサービス終了の案内がアプリ内に来ていました。

手間もかからず、結構な金額の割引を受けられて、ビックデータを解析するにしても、吉野家等割引をする飲食店は割にあっているのか疑問でしたが、そういったお得なサービスは長続きしないのでしょう。

・ためたスタンプはいつまでに使用すればいいのか?又、いつまでスタンプはたまるのか

2018年2月28日にサービスが終了となり、ためたスタンプは2018年2月28日まで利用可能です。

又、2017年12月4日までスタンプがたまるということでこれだけ前もって告知してくれるということはかなり良心的な会社ではないでしょうか。

面白いサービスだったと思うので、また新たなサービスを出してくれるといいですね。