保有株決算発表 日本SHL、FPG

さて、決算発表のラッシュとなってまいりました。

保有株の決算も続々と発表されております。

金曜日は高配当株として保有している日本SHLとFPGの決算発表がリリースされました。

スポンサーリンク

日本SHL

長らく保有してきた日本SHLが本日発表決算発表でしたが、発表前に急騰していたため、売却してしまいました。その後、案の定?上方修正が発表されました。人手不足で人材関連銘柄はどこも好調である程度予想はできていたと思いますが、月曜日どのような値動きとなるでしょうか。大体私が値動きを予想してトレードにでると失敗するケースが多いので、月曜日は素直に上がってしまうかもしれません。

日本SHLは、WebテストのGABや玉手箱等の適性検査を販売している会社です。新卒で就活された方は何度か受けた覚えがあるのではないでしょうか。

Saville&Holdworth Ltd.(SHL社)の開発した適性検査を日本にローカライズして販売している会社で、今はSHL社はCEB社に統合され、CEBに対してライセンス料を支払っています。

CEB社に対するライセンス料が上がっているのを見て、下げるかなと思いましたが、その後スルスルと上がっていきました。

増収・増益基調が続き、配当も増配傾向にあり、自社株買いも積極的ということで投資先としていい企業でしたが、上方修正前の段階ではPER18.21倍、配当利回り 2.61%という水準でしたので、一旦お別れしました。上方修正後でもPER16.9倍と今までの水準からすると割安ではないという判断ですが、どうなるでしょうか。

これによりキャッシュポジションは29%と30%近くなりました。私のような弱小個人投資家が守りに入っている限りは、相場は上がり続けるのかもしれません。

FPG

FPGはかつての主力株で、今は配当株として保有しています。減価償却定率法の税制改正のリスクで主力にはしずらいですが、PER 13倍台、配当利回り 3.01%と高配当株・緩やかな成長株として優秀です。

FPGは、シンプルなビジネスモデルとは言いずらいですが、全国の会計事務所や金融機関と提携して航空機等をSPCを通じて購入し、それをリースすることでリース代を得て、利回り商品の購入者に利益を分配する利回り商品を販売する会社になります。航空機等は定率法で減価償却されますので、税の繰延効果があります。

本日第3四半期の決算発表があり、上方修正の発表も併せてありました。

上方修正後は、EPS 92.86→101.66となりますので、PERは12.13倍となります。

増配でもしれくれないですかね。