保有銘柄決算レビュー

保有銘柄の決算発表が次々に行われているので、概況レビューです。

成長株と資産株・割安株、配当株と優待株にわけてレビューします。

成長株

ファンデリー

売り切り

PER26.5程度と成長率(来季EPSで10%程度)と比較して割高感がでてきたため売却

①食事コントロールを通して血液検査結果の数値改善を目指すミールタイムの健康食宅配サービス事業と②ミールタイムを利用した食品メーカー、健康家電メーカー、製薬メーカーのマーケティング支援が主軸の会社。

他社に比べて全国の病院内にミールタイムを配布しており、広告宣伝費がかからず、むしろそのネットワークを利用して、マーケティング事業を展開しているビジネスモデルに着目して投資。病院のネットワークは、構築するのに時間がかかり、模倣がしにくいと判断。

ただし、定期購入がそれほど伸びがないこととホームページをみていると栄養士の入れ替わりが結構あり、栄養士が肝の会社で勤続年数が長くないというのは、顧客の継続率もどうなのかという疑問もあった。

800円台から購入していたが、1790円程度で過熱感が出てきたとみて売却。

その後も上昇しており、早売りしてしまったか。

資産株・割安株

中西製作所

PER 4.52倍 PBR 0.54倍

割安株として保有。決算発表があり、ストップ高となったが、その後、来季の減益懸念からか大幅安で上昇を打ち消すこととなった。現状の水準では、売る気にはならないため保有継続。15日の決算の来季予想が気になるところで、今までのパターンだと減益か。

丸八HD

PER 11.65倍 PBR 0.3倍

来季、23%経常減益で売り込まれた。もともと成長性ではかっていないため、増配等のカタリスト待ちで保有継続。

太陽化学

PER 9.81倍 PBR 0.62倍

食品セクターの中で割安とみて投資。

その後、優待廃止と増配、来季の増益予想で大幅高で割安訂正中。しばらくは保有継続。

配当株

JT

予想通り、減益だったが、材料出尽くしで株価は上昇。ディフェンシブ株として保有継続。

配当利回り3.56%

エフティGr

増配で大幅高、配当利回りは4.72%に

伊藤忠

PER 6.52倍 PBR 1.09倍 配当利回り 3.85%

他の総合商社に比べて資源の割合が低く、過小評価されているとみて投資。

優待株

TOKAIホールディングス

前期は56%経常増益だったものの、来期予想が11%減益予想のため売られた。

配当利回り 3.45% 優待利回り1.23% 総合利回り4.68%のため保有継続