ブロードリーフの株主優待、業績・事業内容を解説

本日は、証券コード 3673 ブロードリーフ(業種 情報通信)の事業内容、業績、株主優待の内容の解説です。

スポンサーリンク

事業内容

自動車アフターマーケット事業者向けアプリで高いシェアを持つ。下記は、ブロードリーフの事業説明から引用してきたのですが、BtoBのネットワークと部品MAXという自動車補修部品専門のECサイトを昨年立ち上げ、部品流通ネットワークを運営しています。

又、下記のように保守システム売上やサーバー提供サービスは月額売上でストック性が高い売上となっています。ただ、業績をみると割合的にはストック収益の割合はそれほど高くはなかったということなのでしょう。

ブロードリーフ プラットフォーム

ブロードリーフ 収益モデル

業績

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 EPS 1株配当 営業利益率 配当性向
     2012.12 15,641 2,114 2,035 815 36.3 0 13.5% 0.0%
     2013.12 18,024 3,740 3,653 1,914 76.9 20 20.8% 26.0%
     2014.12 18,894 4,165 4,098 2,193 84 20 22.0% 23.8%
     2015.12 16,824 2,514 2,493 1,251 50.5 25 14.9% 49.5%
     2016.12 18,000 3,000 2,970 1,620 35.5 30 16.7% 84.5%

と業績は低迷していますが、株主優待の拡充と配当増額を行い、株主還元を強化しています。

営業利益率の低下が目立っています。

ブロードリーフ業績推移

指標

市場 東証1部
業種 情報通信
時価総額 421.45億
PER 30.77倍
PBR 2.04倍
株価 861円

指標面では高くなってきました。

優待内容

権利月:12月

優待到着:3月下旬

保有株式数 ①QUOカード

②部品MAX株主優待券

100株

~499株

① 3,000円分

② 2,000円

500株

~999株

① 6,000円分

② 3,000円

1,000株以上 ①  9,000円分

② 10,000円

5,000株以上 ①30,000円分②20,000円分

部品MAXというサイトをみてみましたが、2016年5月に開設されたばかりのようでまだ品揃えが充実しておらずアクセス数も多くないようでした。株主につかってもらいアクセス数を増やす狙いもあるのもしれません。
オイルエレメント等車を持っている方は使い道がありそうです。

・部品MAXの使い道

部品MAXの優待券が届き、部品MAXの使い道はあるかな…とサイトをみてみるとなぜかステンレス製の爪切りやモバイルバッテリー、モバイルマウス等が売っています。自動車部品サイトのはずですが、うれしい誤算です。とりあえず、モバイルバッテリーを申し込みました。

早い者勝ちで、9月ごろにサイトをみてみると碌なものが残っていませんでしたので、早めの申し込みをおすすめします。

部品MAXの使い方をまとめています。

ブロードリーフ株主優待部品MAX商品が到着 部品MAX注文方法まとめ
ブロードリーフの株主優待農地、部品MAX商品が到着しました。私は、「モバイルバッテリー POWER BANK 2600mAh」という商品を注文しました。部品MAXでの優待の注文手順・方法もまとめておこうと思います。

追記(H29.9/23)

優待内容の拡充がリリースされました。

・各単位ごとに1部品MAX株主優待券が追加されたの

・1,000株のクオカードが増額

・5,000株の優待新設

が主な変更内容です。

リリース内に前回の優待を書いて、拡充したということをアピールすればいいのにと思います。5,000株の優待の対象者はどれだけいるのでしょうか。個人的には優待の拡充を出したことによりしばらく優待は継続されるのではという安心感につながりました。優待コストはかなり重いはずですが、大丈夫なのでしょうか。

総合利回り

部品MAXを額面通りに評価すると以下の利回りになります。

保有株数 優待金額 優待利回り 配当利回り 総合利回り
100 5,000 5.8% 2.56% 8.4%
500 9,000 2.1% 2.56% 4.7%
1,000 20,000 2.3% 2.56% 4.9%
5,000 50,000 1.2% 2.56% 3.7%

ただし、部品MAXは、今回はマウスやモバイルバッテリー等それなりに魅力的なものがありましたが、次回以降もあるとはかぎりません。

部品MAXの金額を額面の50%で評価すると以下の利回りになります。

保有株数 優待金額 優待利回り 配当利回り 総合利回り
100 4,000 4.6% 2.56% 7.2%
500 7,500 1.7% 2.56% 4.3%
1,000 15,000 1.7% 2.56% 4.3%
5,000 40,000 0.9% 2.56% 3.5%

100株の場合が最も利回りが高くなりますが、ある程度保守的にみても総合利回りは7%を超えており、魅力的です。

まとめ

成長性に乏しく、指標面に割安感はないが、1単元保有した場合の総合利回り7%超は魅力的。